あやややいややい!
ayakki.exblog.jp

今村組の『姉さん』ayaの日常
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春。
e0048957_038369.jpg

いつもより遅く咲いて。
そしていつもより早く散る。

今年の桜。


何だか・・・・・・・・

本当に寂しい。


私、阪神大震災の時はこんなに影響なく
普通に過ごしてた。

TV見て「あぁ、何か大変やぁ・・・」って。

ただ、おばぁちゃんとのエピソードがって・・・・




平成7年(1995年)1月17日午前5時46分52秒

これは阪神淡路大震災が起こった時間。


2階で寝てた私は激しい揺れを感じ普段起こされても全く起きない私が飛び起きた。

そして何も考えずにベッドから飛び出し一階で寝てるおばあちゃんの
部屋へ飛び込んでた。




おばあちゃんは普段から「逃げる非常セット」を風呂敷に包み必ず枕元に置いて寝ていた。

「逃げるセット」に入っていなかったおじいちゃんの位牌を仏壇から必死で取り
抱きしめてうずくまっていたのを今でもハッキリ覚えてる。



おばあちゃんは
「あんたが一番に飛んで来てくれた。それだけは棺桶にまで持って行く宝物。」

と言ってくれたのもハッキリ覚えてる。


29年間で
一番褒められて嬉しかった事。何だか自分か誇らしくて。



たったそれだけの思い出。


でもおばあちゃんは死ぬまでしつこく言ってくれた感謝の言葉。


ただ、それだけ。


でも鮮明に覚えてる記憶。




その時は、本当にTVで流れてる悲惨な状況が他人事に思えて仕方なかった。

遠いどこかで起こってる出来事のような感じ。


でも今回は違う。


それは、年齢の問題なのか?

でも違う。


多分、この数年間色んな人と出会い、関わり
「あの人の親戚は多分、宮城に居たはず。」とか

「あの人は無事なのか」とか

多くのつながりが増えたからこそ思える気持ち。


今日、政治の話を誰かがしてた。

「自民圧勝やな」

「え?ジミー大西?」

と返した私。笑えるけど情けない話。

それもそう。

関心がないから。政治の話が自分自身に及ぶ身近な問題と認識出来ていないせい。

私の関心はまだそこまで行ってない。

アラサー。政治の問題も軽く話しちゃえる女が理想だけど
私はまだ自分のつながりの中でしか感じる事が出来ない感じ。

地震の事でこんなに胸を痛められる自分にやっと
良かったって思える程度。
少なくても「も~地震のTVばっか~つまんな~い」なんて
言う女じゃくて良かったかなって思える程度。

阪神淡路大震災の時はそこにいるあばあちゃんの事しか見えてなかったんだから。


それからしたらようやく成長かな。

今は、私でも何か出来ればって思える事に良かったって。


三十路。

まだまだ成長途中だ・・・・・・

と感じる今日この頃。
by aya-kki | 2011-04-12 00:42 | その他