あやややいややい!
ayakki.exblog.jp

今村組の『姉さん』ayaの日常
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初。東北入り。
先日の番組の件で色々物議を醸しています。

あの番組の収録現場にいたので、「放送後はどうなるかなぁ・・・」なんて
のんきに考えておりました。

想像以上の反応で正直ビックリしております。



ただ、最近のTV出演では特に大きな反応の無い中
今回これだけの反応が有ると言うことは東北の事に多くの方が関心を
持ってると言うこと。


タイムリーな話題でしたから当然の事かもしれませんが。

これを機会にもっと多くの人が感心を持つ機会になったらいいなと思います。

一つの物事に対して全てが同じ答えになるなんて事は
どれをとってもありません。
何事にも賛否両論あります。

ただ、我が身だけではなく他人の事を知れば知るほど、思えば思うほど
その立場に立った意見が出て考えはまとまりにくくなります。


例えば・・・
プロのスポーツ選手に対して
「あのプレーはあかんゎ~」

映画に対して
「あれはおもしろなかったゎ~」


とか、勝手に言えるのは何も知らないからですよね。
(私も良く言いますが・・・)
日頃どれほど努力して取り組んできたか、どんな思いでいるか
知らないから超客観的な意見が言えるのであって

今回の今村の発言は実際に東北に行き
色んな方と触れ合って、苦悩を知り、その中でも必死に生きている人の
一面を見たから、あの武田さんの発言に対して黙っていられなかっただけの事なんです。


極々簡単な事です。
日常でも良くあるでしょ?

A:「あの人何かいっつも臭くない?風呂入ってるん??」

B:「違うねん。あの人、●●っていう難病と闘いながらも頑張って日常生活してるねんで。
お風呂に入ることも難しいねん。だからそんな風に言わんといてあげて」

に対して

パターン①A:「あっそうなん???何も知らんかった・・・これから気を付けるわ。私何か出来るかな」

なのか

パターン②A:「それでも周りに不快感与えてるのは事実やん。あの人いるとしんどくなるわ」

なのか。

私が必要なのは
パターン①の後に「病院に相談しようか」とか「せめてお風呂の手伝いはしてあげよう」など
次に発展する事だと思うんです。


なのにパターン②の発言の後には何も続かないですよね。
Bさんは怒ります。
「じゃぁもうあんたあの子に近づかなかったらいいやん!!!」

って・・・・・・なりません?




今回の件をもう一度整理すると

武田さん:「東北のものを食べるな。全て捨ててください」

今村:「そんな言い方ないやろ」と批判

武田さん:「安全が確認されたもののみを子供に与えるべきだ」

今村:(後者の発言には同意した上で)
「言葉が独り歩きして、東北が全部汚染されていると誤解を与えかねないから
初めの発言だけは放送すべきではない。訂正すべきだ」

武田さん:「間違っていないから訂正する必要はない」



う~ん。。。。。。
そこで生きている東北の人は?
東北の食べ物を食べてる人は?
農家や海産物で収入を得ている人は?



今村は

「武田さんの言ってる事は理解できるが、初めの発言だけは問題がある」という
事を言ってたんです。




だからと言って、「危険なものでも食べたらいい」と言う事とイコールでは
ないのになぁ。。。。。。。。。。。。。


東北の人々が原因で、東北の人々が悪くてこんな現状になってる訳じゃ
ないんだから、そんな気遣いのない発言、普通出来ないでしょ?!って思うでしょ。

そこで生きてる人がいるんだから!!!


って私まで熱くなっちゃ本末転倒だわ。。


何かめっちゃ長くなってしまった。




あ。私。
今回初東北入りしてきました。

まだ、続くんです。
今回長いです(笑)て言うかタイトル書いてから
すぐ話逸れちゃったんです。

もうちょっと読んでくれます?


今までずっとお留守番役で事務所居残りが続いたのですが
事務所や今村が新しく立ち上げた「日本共育プロジェクト」が進む中
「東北見てないの私だけやから一回は見ておきたい」と思い続け
やっと行くことが出来ました。

取り組んでいる東北復興支援の件で地元の方々と会議の為の
宮城入り。

夜、地元の方々と会議をして
それから翌日南三陸の現地を見ました。


今まで今村組も東北に何度も入り
話も聞き、映像も見て来たから分かってるつもりが

翌日、南三陸を実際見てやっとその現実が認識出来たような
そんな気持ちになりました。

やっぱり「見てる」と「見てない」では全然違う。


現地は、TVで見たより
今村組が行ったその時の映像より

がれきも片づいているように感じました。


私はたった一回、南三陸を見に行っただけ。
そんなもんで何も分からない。


少なくても現地を見て、避難所を慰問し被災者と関わった
今村組のメンバーの方が数段よく分かってる。

だからまた行きたいと思った。

こんな単純な感想です。

こんな場面がありました。

e0048957_2373351.jpg


人のいなくなったこの町に
私たちが降り立つとうみねこが沢山寄ってきました。

うみねこもこの町に何かが起きた事を分かってる様子でした。

e0048957_238502.jpg


防災庁舎の前。

車で立ち去った後も、ずっとずっとうみねこはみんなこちらを
見つめていました。

「行かないで」って言ってるようでした。




どうしても、その光景が目と心に焼き付いたので・・・・・・・・・・・・・・・・。



夢中で書いてたらもうこんな時間。

3時やんか======(泣)


すっかり長くなってしまいましたが
今村克彦マネージャーとしてはこの話題・・・・

どうしてもスルーすることが出来ませんでした。

色んな意見あると思いますが
とにかく、まだまだ解決してない事だらけです。


関心なくさないように。

忘れないように。

これは自分自身にも言える事です。
by aya-kki | 2011-09-08 03:09 | 今村組